階段 手すり取付事例

本日は三重県桑名市でのお仕事です。

雨の日や、雪の日に滑りやすく危ない思いをしたというお施主様の要望で手すりの取り付けを致しました。

ケガをされてからじゃ遅いですもんね(´Д`)

今回の商品はマツ六株式会社のBAUHAUS フリーRレールになります。

他の手すりとは違い、色々特徴がある商品ですがそれは後ほど。

まずは施工前の、墨出し(取り付け位置を決めること)をした写真になります。

この青いラインはチョークの粉なので後でちゃんと消せるものです。

今回取り付ける場所が、既にタイルが貼られている場所なので、手すりを支える柱はアンカー仕様を選択しました。

ドリルでタイルに穴を開けてアンカーを仕込みます。

そして支柱は合計5本設置するので、計20カ所穴を開けます。

この作業は開ける場所がタイルなので、割れないようにとかなり神経を使います

先ほど仕込んだアンカーにボルトを差し込み支柱を取り付けていきます。

大抵のアプローチには水勾配がついていて、そのまま取り付けると斜めになるので、付属のスペーサーをかまして垂直に取り付けします。

そしてこの取り付けボルトが丸見えではカッコ悪いので、キャップを被せると綺麗に収まります。

支柱が施工できれば後は、手すい部分を現場で角度と寸法を計りながら曲げていきます。

このフリーRレールは曲げたいカ所で自由に手で曲げられるというメリットがあるのですが、一度曲げると癖がつくので失敗の出来ない一発勝負でもあります。

複雑な形状の場合などは施工性に優れていると思います。

また、一本物で施工できるので、ジョイントがない分スッキリした見た目なので、どんな場所にも合わせやすいと思います。

そして持ち手部分は樹脂で出来ているので夏は暑くなり過ぎず、冬は冷たくなり過ぎないので実用的な商品でもあります。

手すりは実用的でなければ意味がないので、アインガーデンではいつも樹脂のものをお進めします。

門扉を開けて玄関に向かうイメージの写真になります。

持ち手部分のチョコレート色と柱のステンカラーのシンプルさがオシャレです♪

三重県の外構工事、エクステリア工事、家の外回り、庭周りのことならアインガーデンにお任せください(^^♪

もちろん、現場調査・お見積り・相談、全て無料なのでお気軽にお問い合わせどうぞ(^-^)

 

【電話】 059-212-0312
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】津市を中心とした三重県全域に対応

業務内容はこちら ▶


一覧ページに戻る