【外構工事】庭・敷地の拡張事例~解体~

おはようございます。

Ain Gardenは津市をメインに外構工事を行っていますが、今回はいつもお世話になっている基礎屋さんの紹介

で、三重県いなべ市の方まで来ています。

まずは工事前の写真になります。

角地にあり、交通量も多く、人通りも多い道路に面しています。

開けた駐車場が玄関側にあり、インターホンも玄関ドアの横にあるので、こちら側の門はほとんど使われることなく、デットスペースになっていました。

またこの塗り壁があるため敷地が狭くなり、使い勝手が悪くなっていました。

お施主様の要望は敷地を広く使いたいということなので、現在ある門柱、門扉、花壇などを全て撤去して、境界いっぱいでブロックを積みます。

そして、玄関側に新しく門柱を作って、メインとなる出入り口をこちらに変えてしまいます。

では、解体作業から進めていきます。

塗り壁の門柱や花壇が斫り工事によって解体されていきます。

この時点で少しイメージがわいてくると思います。

どんどん進めていきます。

植栽と門扉を撤去したので、敷地が広かったことに気付きます。

さらに外周のブロックを積むための基礎となる、ベースコンクリートを作りました。

高さがあるブロック塀なので、基準を満たすため厚く大きい基礎となっています。

次回はブロック(ユニソンのシャモティ)を積んで行きたいと思います。

 

【電話】 059-212-0312
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】津市を中心とした三重県全域に対応

業務内容はこちら ▶


一覧ページに戻る